新入荷情報

新入荷情報

あいうえお

「LOCUST」04 長崎、「哲学JAM 赤版」仲正昌樹[共和国]

2021年1月10日 更新

●LOCUST 04 長崎への困難な旅路

前号の岐阜特集が当店でも大きな反響のあった「批評の言葉で作る旅行誌」の最新号。
緊急事態宣言解除後、なんとか決行された旅先は、長崎。

鎖国、出島、キリシタン。
「困難な旅」を想像させる長崎をテーマに、コロナ禍中で紡がれた旅の言葉。


[共和国]
●哲学JAM [赤版] 現代社会をときはぐす / 仲正昌樹

金沢・石引パブリックで開催された全11回の連続講座を全3巻に収録。
複雑化する世界に生きるわたしたちは、さまざまな課題にどのように向き合っていけばよいのか。
未来を生き抜くヒントを見つけるための、スリリングな思考訓練。

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

佐藤ジュンコ「栗尾根マロン彦のたらちねロマン飛行」

2020年11月26日 更新

●栗尾根マロン彦のたらちねロマン飛行 / 佐藤ジュンコ
マロン彦が、仙台・ボタンさんから、はるばる岐阜にやって来てくれました。

ミシマ社さんのwebマガジン「みんなのミシマガジン」でもお馴染み、マロン彦の、ふっと心が温かくなるイラスト集です。
疲れちゃったな、というときに、パッと開いたら、ふふっと笑って、眉間のシワも伸びますよ。
全冊かわいいイラストサイン入りです。

岐阜の栗きんとん、栗粉餅と一緒に、ぜひ!

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2020年11月26日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

大福書林「喫茶とインテリア2 NORTH」、本の雑誌社「暗がりで本を読む」ほか

2020年11月2日 更新

[大福書林] ●喫茶とインテリア2 NORTH
街に根ざした喫茶店を訪れ、店主のことばと店のインテリアを記録し紹介するシリーズ
関西に続き今回は、北海道15の街の喫茶店へ

[平凡社]

●哲学トレーニングブック
哲学書を読むための実践的かつ模範的なサンプル

●石元泰博 生誕100年

●暴流の人 三島由紀夫

●和室学 世界で日本にしかない空間

●過激派の時代 北井一夫
1964-68年に過激派の学生運動を撮り続けた写真から、北井自らがセレクトした集大成的な写真集。
警察の追及を逃れて隠し続けた、ベタ焼きの貼り付けられたスケッチブックから、スキャナーで複写しデジタル印刷で蘇らせた

●雲の伯爵 富士山と向き合う阿部正直
映像と気象学の草創期に生きた科学少年のアヴァンギャルドな人生と、驚異の撮影観察記録

●夜ふけに読みたい 神秘なアイルランドのおとぎ話

●おいしい酒肴は白飯にも合う。 / 栗原心平
から揚げ美味しそう!

[本の雑誌社]

●暗がりで本を読む

[書肆汽水域]

●ののの / 太田靖久
特典冊子「恐山の豚」付きです!

[カタリココ文庫]

●鴻池朋子 絵のうら側の言葉の糸をとおす
●スナップショットは日記か?
   再入荷しました

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2020年11月2日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

「ROCKET」第3号

2019年6月13日 更新

情熱と信念と丁寧な仕事の詰まった熱い旅雑誌『ROCKET』届きました!かっこいい造本です。

写真家・津田直さんや、恵那在住・成瀬洋平さん執筆の吉田博の記事も!

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2019年6月13日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

『アウト・オブ・民藝』ほか誠光社の本

2019年6月9日 更新

《新刊入荷》誠光社

あの人は、あの芸術は、なぜ「民藝」とされなかったのか?

対談形式でさまざまな資料が読み解かれ、武井武雄、今和次郎、川上澄生、西村伊作等々……気になっていた多くの人々との壮大な相関図が見えてきます。

(カバーを広げると、裏面に大きな相関図が!)

なんとなく「民藝的なものが好き」という、わたしのような方に読んでいただければ、好きなあの作家、どこかで聞いたことのあるあの名前が、次々と繋がってゆく気持ちよさを味わうことができると思います。
そこからまた改めて、そして新たに、「民藝」とその周縁の芸術を理解し、大好きになることができるのではないでしょうか。

とにかくわたしも早く読みたいです。

誠光社さんからは、

『かもがわご近所マップ』

『京都ケチケチ買い物案内』

も入荷しています。

切り取り方次第で、まったく違う顔を見せるのが京都。

お出かけのお供に、いががですか?

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2019年6月9日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

「生活考察」待望の最新号

2018年12月27日 更新

豪華な執筆陣が〈生活〉について綴る雑誌「生活考察」入荷しています。
個人的にも待望の最新号!
濃くて面白い冬休みおすすめの一冊です。
バックナンバーもございます。
今なら貴重な創刊号も在庫あります!

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2018年12月27日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

「ブックレットホン」3号 空と本

2018年7月27日 更新

奈良・大和郡山の書店とほんさん製作のリトルプレス「ブックレットホン」3号が届きました。

毎回、詩的な視点で編まれる特集、今号は〈空と本〉。

恥ずかしながら私も一冊紹介させていただきました。

※バックナンバーもございます。

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2018年7月27日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

岐阜本コーナーができました

2018年6月8日 更新

偶然、刊行のタイミングが重なった3誌を軸に、岐阜をテーマにした雑誌・リトルプレスのコーナーを入口横につくりました。
3誌まとめ買いの方もいらっしゃって、盛り上がっています!
地元の方が新たな目で岐阜をとらえ直すきっかけに、また県外の方の岐阜来訪記念に、ぜひ。

●Edit GIFU(800円+税)
岐阜のまちと、そこに暮らすわたしたちへの愛情にあふれたリトルプレスです。
完成まで実に2年の月日が費やされています。
実は徒然舎もご紹介いただいているのですが、それが普通の紹介ではなく、「当店に通ってくださっているお客様へのアンケートによる紹介」なのです!
初めてこのページを読んだときは思わず涙ぐんでしまいました……
また、当店ページの扉絵は、さとうゆうすけさんが担当してくださっていますが、現在店頭で配付中のショップカードとどこか繋がるような素敵な絵になっています。
ぜひご覧ください!

※「Edit Gifu」は、一角に本を置かせていただいているカンダマチノート2階、喫茶 星時さんでもお買い求めいただけます

●Gifu LIFE(400円+税)
岐阜のアクティブな出版社 さかだちブックスさんによる、ポップでかわいいコンパクトな岐阜ガイドブックです。
岐阜で暮らす学生さんとの取材で、その生活の実態にも迫っているので、岐阜の大学を受験しようと思っている方にピッタリ。
岐阜旅行のお土産にも!

●八画 文化会館 vol.6 レトロピア岐阜(1,800円+税)
柳ケ瀬をはじめ、すぐ近くなのに見えていなかった、まさにディープな岐阜の姿にスポットを当てた一冊。
値段はちょっと高めですが、内容がほんとうに充実しているので、すごい読み応えです!

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2018年6月8日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

「気になる京都」3号、再入荷

2018年4月22日 更新

‪‪完売していました、京都の“気になる”を覗いてみたリトルプレス「気になる京都」3号が再入荷しました。‬
1号、2号も在庫ございます。
‪そして待望の4号も、夏頃?には届きそうとの情報が。
今回はどうやら岐阜のお店も登場するそうですよ。楽しみに待ちましょう!

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2018年4月22日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

「ウラキンカザンダヨリ」入荷しました

2017年8月29日 更新

‪‪「ウラキンカザンダヨリ」(税込600円)入荷しました。
岐阜城がそびえ立つ金華山には、じつは数々の伝説や裏話があった…!
一年がかりで謎の真相に迫ったというアツくて濃いネタ満載の小冊子です。
岐阜土産にもおすすめ!‬

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2017年8月29日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。
TOPに戻る

© 2009-2021 tsurezuresha All Rights Reserved.