新入荷情報

新入荷情報

あいうえお

「紐育の国のアリス」瀧口修造・上野紀子、「矢川澄子作品集成」署名入り、野溝七生子「眉輪」、西脇順三郎「詩集 えてるにたす」

2017年12月18日 更新

「紐育の国のアリス」瀧口修造・上野紀子‬
‪「矢川澄子作品集成」署名入り‬
‪「眉輪」野溝七生子‬
‪「詩集 えてるにたす」西脇順三郎‬

★〈日本の古本屋〉よりご注文可能です‬

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2017年12月18日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

森開社の本(「ボードレールの墓」など)、矢川澄子「野溝七生子というひと」、舟崎克彦・金子國義「リボンヌ」ほか

2017年12月11日 更新

【今日の新入荷】

◎森開社の本、いろいろと入荷しています‬
●‪ピエール・ジャン・ジューヴ「ボードレールの墓」‬
‪●マルセル・シュウォッブ「少年十字軍」‬
‪●レオン・ブロワ「ユイスマンスの墓のうえで」‬

‪●矢川澄子「野溝七生子というひと」‬
‪●舟崎克彦・金子國義「リボンヌ」帯付‬
●‪「詩画集 大鴉」など薔薇十字社の本いろいろ‬
‪●林丈二「マンホールの蓋 ヨーロッパ篇」‬

‪▼「日本の古本屋」でご注文可能です‬
https://www.kosho.or.jp/abouts/whatsnew.php?transactionid=3e07bfafb238abff4f55c44146457dd4a12aaf3b&mode=search_newitem&baseinfo_id=30000230&from_mode=search_about‬

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2017年12月11日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

美術図録、詩集など、たくさん入荷しています

2017年7月23日 更新

今日の新入荷棚は美術系の図録多め。
ホックニー、ラウシェンバーグ、モランディ、田中一村、エゴン・シーレ、藤田嗣治の猫など、おすすめです。
清岡卓行など詩集、籐工芸の本、杉本秀太郎「大田垣蓮月」なども入荷しています。

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2017年7月23日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

「ブローティガン東京日記」リチャード・ブローティガン(平凡社ライブラリー)

2017年6月10日 更新

‪ぼくのエドワード叔父さんは死んでいる。
かれが死んだのはかれが二十六歳のときだ。
かれはぼくの家族の誇りだった。
一九四二年のことだ。
かれは、間接的に、アメリカ合衆国の人々と戦っていた日本の人々に殺された。ずいぶん昔のことだ。

衝撃的で心に深く刺さってくる序文ではじまる『ブローティガン東京日記』(平凡社ライブラリー)には、「長良川河畔の黒テント劇団の公演のあとで」という一編もあります。‬
店内新刊コーナーに入荷しました。

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2017年6月10日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

武田百合子監修「物食う女」、ジャン=リュック・ナンシー「共同-体」、西東三鬼「変身」、「資料カブトビール」ほか

2017年5月25日 更新

武田百合子監修「物食う女」(イメージの文学誌)
ジャン=リュック・ナンシー「共同-体(コルプス)」
西東三鬼 第四句集「変身」
かつて愛知県半田市にあった醸造所「資料 カブトビール(丸三麦酒)」
など入荷しています。‬

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2017年5月25日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

パウル・ツェラン詩集「迫る光」、マラルメ「骰子一擲」、田中克己詩集、リオタール著作ほか

2017年5月14日 更新

‪パウル・ツェラン詩集「迫る光」
ステファヌ・マラルメ「骰子一擲」
「田中克己詩集」
リオタールやミッシェル・セールの著作など
入荷しています。‬

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2017年5月14日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

ふらんす堂文庫

2017年4月28日 更新

‪品が良く、蒐めたくなる装幀の「ふらんす堂文庫」の句集がまとまって入荷しています。‬

 

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2017年4月28日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

夏葉社の新刊 尾形亀之助選詩集「美しい街」

2017年2月20日 更新

(夏葉社、1,600円+税、画:松本竣介、巻末エッセイ:能町みね子)

夏葉社から久しぶりに、ほらこの佇まいの、文学の新刊が届きました。

 「いつまでも寝ずにいると朝になる」

 眠らずにいても朝になったのがうれしい

 消えてしまった電燈は傘ばかりになって天井からさがっている

幼子を愛おしくみる「幼年」に始まるこの詩集は、ひとり出版社・夏葉社代表、島田潤一郎さんにより編まれているのだな、ということが、しみじみと伝わってきます(島田さんは最近は「父」として暮らしておられるそうです)。
巻末の能町みね子さんのエッセイも読み、つくづく、詩というのは読者の心にものすごく近づくものなのだな、短い言葉から人生すら大きく動かすものなのだな、と、改めて感じました。

当店でも静かに人気のある尾形亀之助。
現代詩文庫は入荷のたびにすぐ売れてしまいますが、これからは大丈夫。
ふと開いたページの言葉が、松本竣介の絵が、心に留まったら、そっとレジにお持ちください。

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2017年2月20日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。

友川かずき詩集「吹雪の海に黒豹が」サイン入り、中平卓馬「原点復帰―横浜」、アーサー王伝説の起源、絵すごろく展図録など入荷しました

2016年7月1日 更新

  • 友川かずき詩集「吹雪の海に黒豹が」 献呈署名入り、装幀:日野日出志
  • 中平卓馬「原点復帰―横浜」
  • アーサー王伝説の起源
  • 「絵すごろく展 遊びの中のあこがれ」図録
  • ジョン・レノン レジェンド

などなど入荷しています

通信販売も行っております。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

この記事は2016年7月1日 に書かれたものです。既に売切の可能性もございます、ご了承ください。
TOPに戻る

© 2009-2018 tsurezuresha All Rights Reserved.