徒然舎について

徒然舎について

徒然舎
古書と古本 徒然舎は、ぎふ・美殿町にあるまちの古本屋です

店内には、絵本、暮らしの本、郷土の本、詩歌・小説、絶版漫画、自然の本、映画や音楽の本、さらには哲学や歴史などの専門書まで、幅広く取り揃えています。
特に、美術書、学術書・専門書には力を入れています。

まちの古本屋が初めての方から、より専門的なもの珍しいものをお探しの古書通の方まで、多くの方に愉しんでいただける「お客さまに誠実・本に誠実」な古本屋でありたいと思っています。
皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

店主

店主ご紹介

藤田 真人/ Masato FUJITA
名古屋古書籍商組合・岐阜古書籍商組合理事。名古屋にて創業40年の太閤堂書店2代目。徒然舎店主と出会い、現在は徒然舎を共同経営。
深谷(藤田)由布/ Yu FUKAYA(FUJITA)
大学卒業後、出版社勤務を経て、2009年に徒然舎を創業。2011年に実店舗を構え、2014年に美殿町商店街に移転。司書・司書教諭資格あり。

店舗のご案内

住  所
〒500-8182 岐阜市美殿町40 矢沢ビル1階
美殿町商店街
営業時間
11時~19時
定休日
火・水曜
TEL / FAX
058-214-7243
アクセス

google mapで見る

徒然舎のあゆみ

2009年3月 開業

2008年春に出版社を辞し、ワンルームマンションを事務所兼倉庫として借りて無店舗で開業。

インターネット販売を中心にするつもりが、ブックマークナゴヤの一箱古本市に出店したのをきっかけに、対面販売の楽しさを知る。

マウア デリカテッセン(岐阜市)店頭で常設販売スタート。

2014年 美殿町商店街に移転オープン

メディア掲載

2017年09月

東海テレビ「スイッチ!」内のコーナーにて紹介していただきました。島崎和歌子さんと長島弘樹アナウンサーにご来店いただきました。

2017年04月

岐阜アートさんぽ』(ゆいぽおと刊)に掲載していただきました。

2016年12月

本の時間を届けます』(洋泉社刊、担当ライター:北條一浩さん)で、徒然舎を始めるまでの経緯とその後について、丁寧に取材していただきました。

2016年11月

「月刊 日本古書通信」内のコーナー「21世紀古書店の肖像」(担当:古賀大郎さん)でご紹介いただきました

2016年10月

WEBメディア「OZ mall」内のコンテンツ「町に着いたら、本屋をめざそう。」にてご紹介いただきました

TOPに戻る

© 2009-2018 tsurezuresha All Rights Reserved.